2014年05月10日

中国語を話すときも聞くときも

中国語を話すときも聞くときもこの四声の発音を身に付けていなければ会話が成り立ちません。
しかし、その勉強の仕方に問題があるのです。そもそも四声は本では体感できるわけがありません。付属のCDなんかもっと役に立たないといえるでしょう。

「この教材通りに勉強を進め、書いてある例文を付属のCD・DVDと同じように真似して発音してみてください!」



ファンキー末吉の 「10日間中国語完全マスタープログラム」 を初公開します。

一般的に出回っている教材のほとんどがこのパターンでした。
しかし……先生の喋っている発音と同じように発音してみろと言われても中国語を聞き取れない人間にどうやって同じ発音しろというのでしょうか?
先生が喋っているイントネーションと同じように喋れと言われても「不可能」と言ってもいいでしょう。

もはやスタートの時点から矛盾が発生しています。

しかも、その覚えている例文に関しても応用がほとんど効かず、日常会話、ビジネスなどで一切使えないものばかりなのです。
もし仮に、「発音は何度も聞くことで聞き取れるようになる」という言い分だとしても間違った発音で練習して変な癖がついてしまう可能性は非常に高いです。


ファンキー末吉の 「10日間中国語完全マスタープログラム」 を初公開します。
シンプル中国語入門
posted by 中国語入門 at 04:22 | 北京 | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする