2016年03月29日

中国語の会話の勉強法は、「聞いて話す」を中心

中国語の会話の勉強法は、「聞いて話す」時間を多く割いています。
中国語を会話するためにこのテキストでは、あえて書く時間を設けていません。

ストーリーをもとにして、実践的な会話中心の構成になっています。
まず、発音があって、次に文法があって、といった教科書のような
内容ではありません。

すぐに会話から始まります。会話ができるようになる目的のため、あなたが学習の途中で飽きてしまわないよう、ストーリー構成になっています。

ストーリーの中から、会話を学習し、単語、発音、文法を学習していきます。 ストーリーの内容は「あらすじ」の中にありますが、要約すると、「ある日突然、上海駐在を命じられた主人公。その挫折と苦悩、失敗を経た成長のストーリー」です。




中国語の会話の勉強法は、「聞いて話す」時間を多く割いています。
中国語を会話するためにこのテキストでは、あえて書く時間を設けていません。

中国語を含め、外国語テキストの作り方は大きく分けると二通りになります。

@ 単語や発音から入り、文法を学習しながら基本例文を学ぶもの
A 基本例文を繰り返しながら、基本例文のナカで単語や文法を学ぶもの


私たちが、義務教育で教わった英語学習は@です。
@の方法のメリットは、「読解に強くなる」ことです。
@のデメリットは「なかなか話せるようにならない」ことです。

Aの方法は、「話せるようになります」が、「読解」が不得手になります。
このテキストの作成方法はAに近くなっています。

ただし、Aのうち、他のテキストと根本的に異なる点は、「暗記」を推奨していない点です。 「暗記」のみですと忘れてしまい、また、応用が効きません。

「苦痛で単調な暗記作業」を推奨していないことが他のテキストとの違いです。 また、このテキストは、あくまで「会話」が目的ですので、「読解」や「文法の研究」を重んじる語学研究や翻訳家をご志望の方には(全く役に立たないことはないですが)、お勧め出来ませんのでご購入はお控えください。


中国語に限らず、巷に氾濫するあらゆる教科書の類についても当てはまらないでしょうか。
あなたは、「中国語の会話」を学習するのです。
文法、単語、例文の丸暗記学習はふさわしくありません。

このテキストでは、私の持てるノウハウの全てが詰め込まれ、
「中国語会話」を学習することを通じて、「会話の本質」も学習することができます。

「今でも、十分効率良く上達出来ている!」
あなたがそう感じているのであればこのテキストは必要無いと思います。
しかし、少しでも伸び悩んでいるのであればこのテキストを手に取り、実践して見て下さい。

「ちょっとした事を知っているだけで、中国語は効率良く上達出来る。
私の様な遠回りをしないで、多くの学習者の方に効率良く上達してもらいたい」

そんな想いで、このテキストを書き上げました。
このテキストによって多くの学習者の方が効率良く上達し、
より中国語(中国)を楽しんで頂けるならば私の知恵少しは役に立つものと思っております。

最後まで目を通して頂き、ありがとうございました。
また、お会い出来る日を楽しみにしております。




中国語の会話の勉強法は、「聞いて話す」時間を多く割いています。
中国語を会話するためにこのテキストでは、あえて書く時間を設けていません。

話せる語学の学習は、受験勉強とは根本的に異なります。
それは、「話す」という行為があくまでも相手のある行為であり、
「出てきた問題に答える」といった試験対策ではないからです。

中国語検定のような受験対策であれば、ある程度はできると思います。

しかしながら、会話は相手が人間です。
十人十色、生まれ育った環境もまったく異なります。

まったく異なる環境で生まれ育った方々と分かり合えるには、やはり会話が必要です。
そうはいっても、同じアジア人。欧米人とは違い、日本人と中国人の思考が
似ているところもたくさんあります。見た目もよく似ています。

少なくとも、中国に来ている欧米人のように街角でじろじろ見られるということは
ありません。

そういった意味では、外国の中でも比較的なじみやすい環境にあるといえます。
あなたもぜひ中国人とのコミュニケーションを通じて、お互いの違いや似ているところを
ご自身で体験してみませんか。

私との出会いをきっかけに、あなたの中国語人生がより楽しいものに
なって頂ければ幸いです。




中国語の会話の勉強法は、「聞いて話す」時間を多く割いています。
「会話」の練習? 「文法」や「発音」は?

考えてみてください。私たちが日本語に触れ始めた頃を。

「来る」という「品詞」は「動詞」に分類され、
その表現は「か行変格活用」としての「終止形」もしくは「連体形」の活用形の表現です。
などとは教わらなかったはずです。

幼少の頃より、おぼろげながら「くる」「こない」を使い分け、
「くる」「くない」というのは誤りであると教わりました。
このテキストでも同様です。

このテキストでは、文法や発音を無視しているわけではありません。
あくまで会話を重視しているのです。
発音で注意するのは類似発音や四声をきちんといわなければ通じないケースです。

したがって、一般のテキストでは発音練習は初日で行なう場合を多く見かけますが、
このテキストではそのような構成はとっておりません。

生まれてはじめて聞く音域の発音を発声するのは土台無理がありますので、
安心してください。

正しい表現をしていれば、発音と文法はおのずと身についてきます。
重要な契約を結ぶ場合などとは異なり、普段の会話において、
発音と文法が100%正確である必要はないのです。




中国語の会話の勉強法は、「聞いて話す」時間を多く割いています。
中国語を会話するためにこのテキストでは、あえて書く時間を設けていません。
posted by 中国語入門 at 05:33 | 北京 | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国語の会話の勉強法があります

中国語の会話の勉強法とは
「生きた会話の中国語」
「仕事で使う中国語」を最短期間で学習できるよう工夫してあります。

あなたは、「中国語の会話」を学習するのです。
文法、単語、例文の丸暗記学習はふさわしくありません。
このテキストでは、私の持てるノウハウの全てが詰め込まれ、
「中国語会話」を学習することを通じて、「会話の本質」も学習することができます。

【必達!中国語会話学習法77】

「今でも、十分効率良く上達出来ている!」
あなたがそう感じているのであればこのテキストは必要無いと思います。
しかし、少しでも伸び悩んでいるのであればこのテキストを手に取り、実践して見て下さい。

「ちょっとした事を知っているだけで、中国語は効率良く上達出来る。
私の様な遠回りをしないで、多くの学習者の方に効率良く上達してもらいたい」

そんな想いで、このテキストを書き上げました。
このテキストによって多くの学習者の方が効率良く上達し、
より中国語(中国)を楽しんで頂けるならば私の知恵少しは役に立つものと思っております。



中国語の会話の勉強法とは
「生きた会話の中国語」
「仕事で使う中国語」を最短期間で学習できるよう工夫してあります。

中国語会話学習はシンプルですが、ちょっとしたコツが必要。
「中国語の本を声に出して読む」
「実践する」

この二つが中心になります。

そうはいっても、中国語の学習にはちょっとしたコツがあります。

そのコツはもう少し下のほうで説明いたしますので、少しお待ちくださいね。

運良く私は、日本と現地を行き来する機会に恵まれました。
そうはいっても、日本にいるときにでも相当勉強しないと
現地で右往左往するのは目に見えていましたので

事前学習としての最大の課題はヒアリングでした。

ヒアリングが出来ないと、スピーキングも出来ない。

日本にいながらですと「現地で実践」が出来ないために、
ヒアリングの学習がおろそかになってしまいます。

実際、ヒアリング教材を購入しても、簡単すぎるか難しすぎるかの両極端で、
実際の業務で使えるような「仕事の中国語」を学ぶには

しっくり来る教材が少ない

のが現実です。

同じような悩みを持つ学習者は、友人・知人で私の周囲にもたくさんいたので、
日常会話にとどまらない、業務上必要な会話までのレベルに相当するテキストの存在の
必要性をその時に痛感いたしました。

また、ヒアリングレベルを上げるために中国語学校に通うとしても時間と
費用の面からは断念せざるを得ませんでした。

仕事が定時で終わることもまずない、不規則な生活でした。
細切れの時間を使ってもいいから学習する方法はないかと日々あせっていました。

いつでもどこでも手軽に学習できる方法はないものか・・・




学習時に割り切ったこと
時間的制約がとても多かった私は、いっそのこと「読み」と「聞き」に絞りました。
つまり「書き」を捨てたのです。

「読み」は本をちょっと探せばまあ何とかなります。
問題は「聞き」です。

残念ながら
初心者が手軽にかつ継続的に聞き続けるヒアリング教材に
なかなかめぐり合いませんでした。

しかも、書店にあるヒアリング教材は例文をひたすら読み上げるものなので、

どうしても飽きてしまうのです。

飽きずにヒアリング学習が出来ないものか

そう考えたのがこのテキストを作るきっかけでした。
その一方、この教材の目的はひとつ「中国語会話」です
「中国語」の学習ではありません。

「中国語会話」の学習
です。

しかも「日常会話」を一歩も二歩も超えた
「仕事で使える中国語」のレベル
です。

実際に、日常会話は雑談の延長ですが、仕事場で使う会話は少し違います。

「大人の会話」が要求されるのです。

これは、難解な言葉や二重否定を使った文語的な表現を使うわけではありません。
むしろ、シンプルな表現が好まれるのです。
では、そのようなシンプルな表現のために単語を羅列すればいいのかというと
そうではありません。

先ほども申し上げたちょっとしたコツがあります。

一方で、「仕事で使える中国語会話」をマスターすれば、
「日常の中国語会話」への応用が可能です(その逆は難しいと思いますが。。)。
ここで大切なことは、あくまで「中国語の会話学習」であって
「中国語の学習」ではないことです。




中国語会話学習12個の誤解

中国人の赤ちゃんは中国語を話せるようになります。
あなたは学生さんかもしくは社会人の方ですね。

赤ちゃんでも出来ることをあなたが出来ないはずはありません。

まずは中国語に対する誤解を解きましょう。
以下はすべて誤解です。

中国語は、四声が正しくなければ通じない。
上達するには、お金と時間を大量につぎこむしかない。
上手く話すためには、文法と単語をたくさん覚えるしかない。
現地人と同じように発声することはできない。
そり舌音を正しく発音し、難解な発音ができないと中国語は克服できない。
効率よく上達するには、やはりネィティブの先生に教わるしかない。
文法をしっかり理解しないと相手に通じない。
センスがないとうまくなれない。
忙しくて時間がないので、学習する時間が取れない。
会話力を伸ばすためには、特別なトレーニングが必要。
若いときからはじめないとうまくならない。
現地の人はあんなに早口なのに、これから聞き取れるようになるとは到底思えない。


ひとつひとつ解説するとページ数の関係でとても膨大な量になってしまいますので、
簡単にご説明いたしますね。




わたしが経験した中国語学習の挫折の一歩前

最初は「読み」のみです。

単語集をひたすら読みました。
無味乾燥でさっぱり面白くありません。

新聞をひたすら読みました。
知らない単語ばかりでさっぱり分かりません。

ドラマや映画を見ました。
何を言っているのかさっぱり分かりません。

例文集を読みました。
少し分かってきましたが、繰り返すと飽きてきてしまいます。
次の本を買いに行くのがおっくうになってきました。
挫折への近道を歩いてしまいました。

次に「聞き」です。

例文集についていたCDを聞きました。
どうしても実践場面が少なく、ありきたりの本当に簡単な場面ばかりなのです。
すぐ飽きてしまいました。

中国語検定のヒアリング教材を試しました。
あくまで中検教材の一部なので、コストパフォーマンスが悪いです。
追加CDを買いに行くのがおっくうになってきました。

面倒くさくなったり、無味乾燥に感じたら要注意です。
挫折への一歩手前です。
それを避けるには。。。

楽しく学べるに越したことはありません。




中国語の会話の勉強法とは
「生きた会話の中国語」
「仕事で使う中国語」を最短期間で学習できるよう工夫してあります。
posted by 中国語入門 at 05:22 | 北京 | 中国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする